SERIES

『NAOKI(FANTASISTA/ex.Kagrra,)の人生どうかしてるぜ♡』Vol.3 tatsuo

『NAOKI(FANTASISTA/ex.Kagrra,)の人生どうかしてるぜ♡』Vol.3 tatsuo

NAOKI:なるほど……。ありがとうございます。ちなみにeversetの楽曲はどのように制作されていましたか?

tatsuo:メンバー全員で意見を出し合い制作していました。でも、今考えるとちょっと我が強かったのかも。もう少し柔軟性があれば少し状況も変わっていたのかもしれないなと思います。だから僕が担当する若手のミュージシャンには良く言うのですが、「30歳になった時に、好きなことをやって好きなモノを作れてハイエースでライブハウスに入りするのと、少し自分が折れて周囲の意見を取り入れて武道館にベンツで入りするのとどっちがいい?」って(笑)。

『NAOKI(FANTASISTA/ex.Kagrra,)の人生どうかしてるぜ♡』Vol.3 tatsuo

NAOKI:分かりやすい例えですね(笑)。

tatsuo:そうそう(笑)。そうすると若手のミュージシャンも“人と仕事をしている”ということを自覚するようになりますから。僕も裏方に入るまでそういうことに気づかなかったので、担当する若手のミュージシャン達には、僕が気づかなかったことを教えてあげたいと思いますね。だから若手のケツも容赦なく叩きますし、「いつまで音楽やれると思っているの?」と厳しく喝を入れることもある。そうすると危機感を持って練習もするようになるし、もっとシッカリ音楽について考えるようにもなる。アーティスト出身のヤツが言ってやらないと彼らには伝わりにくいのかもしれないですね。アーティストを持ち上げてやる気を引き出すという手法ももちろんあるけれど、今の時代はアーティストに対して厳しくしないと彼らがこれからの時代は生き残れないと思うんです。

NAOKI:僕もバンドからソロになって、“バンド”では見えなかった部分が見えるようになってきました。ちゃんと仕事として音楽と向き合えるという部分では、今がとても面白いです。人の意見も積極的に取り入れるようになったし、自分の中で以前より“音楽”が広がった気がしています。
話は変わりますが、「仮面ライダードライブ」の主題歌を担当されたロックユニット『Mitsuru Matsuoka EARNEST DRIVE』では松岡充さん(SOPHIA)、IKUOさん(BULL ZEICHEN88)、淳士さん(ex SIAM SHADE/BULL ZEICHEN88)との超豪華なメンバーでのセッションもされていますし、その他にもゴールデンボンバー、BOYS AND MEN、BABYMETAL、ももいろクローバーZ……、everset活動休止後は様々なジャンルのアーティストの楽曲提供や編曲など多岐に渡ってご活躍されていますよね。

tatsuo:ありがとうございます。「仮面ライダー」関連は、関わる会社がたくさんあったので、色々な 意見が飛び交って完パケまでがとても大変だったのですが、沢山勉強になったし、素晴らしい作品も出来たし、作編曲家として成長出来た現場ですね。BOYS AND MENはコンセプト含め、とても面白いグループですよね。オリコン1位取ったのにも関わらず、メンバーがいまだにフライヤー配ったり、自分たちで出来る限りの宣伝活動されているみたい。そういう話を聞くと“俺も、もっと頑張らなきゃ”と思いますね。

1 2 3 4