REPORT

生涯現役宣言!高橋まこと(ex.BOØWY)率いるJET SET BOYS 迎春 LIVE 2017「MAKOTO’S BIRTHDAY~まだまだ叩くぜ!~」@代官山UNIT

生涯現役宣言!高橋まこと(ex.BOØWY)率いるJET SET BOYS 迎春 LIVE 2017「MAKOTO’S BIRTHDAY~まだまだ叩くぜ!~」@代官山UNIT


生涯現役宣言!高橋まこと(ex.BOØWY)率いるJET SET BOYS 迎春 LIVE 2017「MAKOTO'S BIRTHDAY~まだまだ叩くぜ!~」@代官山UNITをレポート!

熱も冷めやらぬ中、ここからは本日の主役・高橋まことがクールな黒いスーツをビシッとキメて、アコギを手にステージ中央に登場! 自身のソロアルバム『楽しき人生』に収録されているカントリー調のロックナンバー『GOLDEN BOY』では、椎名が終始タンバリンとコーラスで盛り上げ、MCでは高橋が歌詞の題材にもなっている小学生の頃のいたずらエピソードを披露し、会場の笑いを誘う。続く地元・福島の復興の願いを込めたミディアムバラード『ここから~From Here~』では、高橋が被災地にエールを送るかのように力強く歌い上げるとフロアからは暖かな拍手が沸き起る。《向き合って 手を取り合って 歩こう 歩こう ここから———。》心のこもった彼のメッセージソングは福島の地にもきっと届いているはずだ。

後半に差し掛かると、躍動するメロディアスなロックチューンを一気に畳み掛け、オーディエンスの一体感をさらに強めていく。グルグルと激しく移り変わるビビットなライトの中、ドロップされた疾走感溢れる『PASTA』では、スピーカーに豪快に足をかけた椎名が激しい衝動を叫ぶかのように歌い、対照的にクールな表情のtatsuも負けじと唸るようなベースプレイを見せつける。そして、本編ラストは彼らの代名詞とも言えるキラーチューン『ZIPPER DOWN』。椎名がタオルを振り回したのを合図にオーディエンスも一斉にタオルを振り回し、友森の切り裂くように攻撃的なギターに高橋が容赦なく刻む強力なビートが絡み合う圧倒的なライブパフォーマンスを熱演してくれた。椎名の“これでもか!”というくらいエモーショナルな歌声に応えるかのようにオーディエンスも終始楽しそうに踊り続け、まさに圧巻のステージングである。

1 2 3 4