INTERVIEW

実はアニメオタク!? ソロ活動からDECAYSまで…ヴァイオリニスト・Ayasaパーソナルインタビュー

実はアニメオタク!? ソロ活動からDECAYSまで…ヴァイオリニスト・Ayasaパーソナルインタビュー

Ayasa

――ソロアルバム『CHRONICLE』では、毎作品コラボレーションという形で様々なチャレンジをしていらっしゃいますね。

Ayasa:そうですね。『CHRONICLE Ⅲ』でコラボレーションさせていただいたnowiseeさんは彼らのオリジナル曲のレコーディングに参加させていただいた時から音楽センスにとても魅力を感じていて、どこかでご一緒したいなと…。ノリやすいお洒落なトラックとバイオリンの融合を素敵に叶えてくれました。『CHRONICLE Ⅳ』のプロデューサー・RightTracksさんは私の事務所の社長が元々知り合いでご紹介いただきました。大河ドラマのサウンドトラックっぽい感じやゲームのRPGっぽい感じの曲など色々挑戦させていただきました。もちろん全体的にクラシカル感もありますが、良い意味で堅苦しすぎない作品に仕上がったと思います。クラシックとヴァイオリンの化学反応を起こせたんじゃないかな。中でも『天空都市イシス』がすごくかっこよく仕上がりました! 弾いていてとても楽しいんですよね。あと『アキダリア海戦記』はサビを初めて聴いた時から本能的に鳥肌が立つような感じがしましたね。ぜひ注目して聴いていただきたいです。色々なアーティストの方々とコラボレーションすると自分自身も成長できるし、とても楽しい経験です。

――そして、そんなソロとは全く対象的なDECAYSのバンドメンバーでもあるAyasaさん。ものすごく個性的なメンバーが揃っていると思うのですが、参加されるキッカケはどのようなものでしたか?

Ayasa:DECAYSが以前リリースした『愛と哀を遺さず…』という楽曲のレコーディングにお声掛けいただいたのがキッカケでした。その時はバンドメンバーに入るなんて思ってもいなかったし、レコーディングの仕事感覚でした。その後、「ライブにゲストで良かったら出てくれないか?」とお声掛けいただいて、初めてステージにも出させていただいて。そこから本格的に…ですね。その後、メンバーが代わることになった時、中村 中さんが加入されるのと同じタイミングでバンドメンバーという形になりました。

――1stアルバム『Baby who wanders』がリリースされましたが、制作はいかがでしたか?

Ayasa:みなさんご活躍されている方々なので、録れる時に自分のパートを録る…という感じで進めました。主に樫山さんとDieさんが舵をとってくださって。こだわりがあるからこそ、ヴァイオリンのフレーズにも色々アドバイスしてくださって私自身も作り込めたと思います。それぞれが自分のパートを改めて見直して、より良い状態でレコーディング出来ましたね。印象的なのはもちろん『愛と哀を遺さず…』。私がDECAYSと繋がったキッカケになった曲ですし、最初は録り直さなくてもいいという案もあったのですが、そこはもちろん録り直しました。今回一緒にお仕事させていただいてDECAYSに対する自分の思い入れが変わったこともありましたし、そこは想いを込めて…。あと『Eve』という曲が個人的に好きです。この曲は中さんが歌詞を以前より少し変えたのですが、彼女のDECAYSに対する思いが籠っているように感じます。中さんが新しくこの曲を生まれ変わらせた感じがしますね。ツアーのライブ時に彼女がこれを歌っている姿がものすごく綺麗だったのが印象的でした。

――ご参加されて、今までDECAYSのメンバーに持っていたイメージとは変わりましたか?

Ayasa:樫山さんとDieさんはとても著名な方なので、名前は知っていたのですが一緒にお仕事をしたことがなかったので、若干怖いイメージを持っていました(笑)。実際に一緒にお仕事をしてみると、ギャップがすごいなと思います。普段と顔つきが全く変わりますし、オーラも違いますよね。何かを成し遂げる方はやはりそこの切り替えがすごいんだな…と。なので、DECAYSに関しては私もシャンとしなきゃいけないと思っています。自分のソロに関しては、演奏中はなるべくかっこよくありたいと思うのですが、MCに関しては私の声を聞けるのがMCの時だけなので、ちょっと崩してあげたいなぁと…。「崩しすぎ!」ってよく怒られるんですけどね(笑)。

1 2 3