INTERVIEW

TETSUYA パーソナルインタビュー リリースから年末に行われるディナーショー、そして珍事件の話まで…⁉︎

TETSUYA パーソナルインタビュー リリースから年末に行われるディナーショー、そして珍事件の話まで…⁉︎

——ソロ活動歴15年目のTETSUYAさんですが、最近ご活動が活発ですね。なにか理由がおありなのでしょうか?

TETSUYA:最近また活発にやりはじめたのはスタッフが声をかけてくれたからです。……でも、「どうしてですか? なんでやるんですか?」って聞かれると俺、結構困るんですよね。「やったらいけないの!?」って思ってしまう(笑)。

——「〜って思ったから、この作品を作りました。」というお話はインタビューではよく聞きますが、TETSUYAさんはそういった感覚ではないのでしょうか?

TETSUYA:発注されたらしっかり良いものを作って応える。それだけです。作家とか、
職人ってそうじゃないかな。「作品を聴いて感じてください」という感覚です。

——なるほど。ご自身のことを「アーティストというよりは職人タイプだと思っている」という意のご発言は各所でされていらっしゃいますよね。

TETSUYA:はい。“アーティスト”って言葉もどうなんだろうなと思いますけれど(笑)。

——ご自分のご職業を他に言葉にするとしたらシックリくるものが他にあるのでしょうか? やはり“職人”に?

TETSUYA:不動産屋(笑)

——以前、会場がないからライヴハウスを買おうと、スタッフが内見にまで行ったというお話をMCでされていましたよね(笑)。

TETSUYA:そうそう。居抜き物件のライヴハウスってなかなか出てないんですよね。今も探しています。

1 2 3 4