INTERVIEW

“底を見たからこそ、自分たちの音楽が見えた” BAROQUEの現在とこれから

“底を見たからこそ、自分たちの音楽が見えた” BAROQUEの現在とこれから

―― Kenさんにプロデュースしてもらうことになったキッカケとは?

圭:Kenさん主宰の“PRATY ZOO”で共演したこともキッカケではあったんですけど、その前に2015年の大晦日に僕たちが出演したライブイベントをKenさんが観にきてくれたことが直接のキッカケでしたね。それでBAROQUEを気に入っていただいたみたいで、知り合わせていただいて。それまでの音源とか映像とかも観ていただいて、アドバイスも色々いただいたんですよ。あまりにも的確なアドバイスをいただくので、自然と「一緒に仕事しませんか?」となったという感じです(笑)。


“底を見たからこそ、自分たちの音楽が見えた”BAROQUEの現在とこれから

―― では、「GIRL」のMVについて。今回は可愛らしい雰囲気が意外でしたが、どんなテーマで撮影をされたんでしょうか?

怜:曲のテーマと一緒で、「すべての女性を少女に戻すにはどんなビデオだったらいいかな?」って考えたんです。いろいろ考えた結果、MVを見てる人が主人公で、「GIRL」という曲の中で主人公の“Girl”であってほしい。その主人公を元気づけて笑顔にしてあげるには、かっこいい俺たちの姿を見せるんじゃなくて、逆にかっこ悪い姿を見せたほうが、笑わせられるんじゃないかと思って。

圭:自分たち自身がMVに出るっていうことに関しても、僕たちはずっとヴィジュアル系というジャンルでやってきたけど、最初の頃は当然僕らのルックスを好きになって来てくれてる人も多くて、無いものねだりというか当時は自信がない気持ちの裏返しかな(笑)? 音楽を聴いてほしいから顔は出さないってツッパったり、見た目が好きって言われると音楽を認められてないみたいで悔しかった。でも、前作アルバムを出したことで、自分たちの音楽にブレない自信が芽生えたんですよ。「今だったら何してもいいんじゃないか」「むしろ出て喜んでくれるんだったら出た方がいい」って思って。メッセージが伝わるんだったら何でもやりたいですね。

1 2 3 4 5 6