INTERVIEW

“底を見たからこそ、自分たちの音楽が見えた” BAROQUEの現在とこれから

“底を見たからこそ、自分たちの音楽が見えた” BAROQUEの現在とこれから

―― BAROQUEは二人という珍しい体制ですが、どんな風に楽曲を制作するんでしょうか?

圭:詞が彼で曲が僕ですね。僕が曲を作ってそこに歌詞をつけてもらう感じ。

怜:楽曲にはテーマがあって、それを基に僕が詞を書いていきます。ちょっとイメージが違う……とか、テーマに合わせての注文はもちろん圭からその都度あります。最近で言えば、前作のアルバム『PLANETARY SECRET』とかも、曲のテーマが最初に決まっていました。場合によってはタイトルが決まっているときも。

―― では今回の新譜である『GIRL』は、どのように作品のテーマが決まったのでしょうか?

圭:『PLANETARY SECRET』というアルバムは夜空を一人で眺めて物思いにふけるような哲学的な作品でした。自分たちの根本を描いているような作品。その後、次のアルバムをどんなテーマにしようかと考えたときに、“夜が明けた後の現実社会での人”について書いてみたいなと思った。『PLANETARY SECRET』の夜が明けて、その後の昼間を描きたかったんです。

―― では、ある意味前作からコンセプトが繋がっていると。

圭:そうですね。人間って、やはり根本は変わらないと思うんです。聴いた人たちを、子どもに還してしまうような……その人の本質を気づかせられるようなアルバムにしたいな、という構想がありました。そんな中で1番最初にできたのが女性の女の子の部分にアプローチする「GIRL」という曲だった。実は『PLANETARY SECRET』のあとにすぐアルバムを作ろうと思っていたので、これはその中の1曲だったんですね。

―― 歌詞は全編英詞ですが、どういうイメージで書かれたのですか?

怜:「GIRL」の曲をもらって、詞を最初、日本語で書いてみたんですけど……曲のテーマ上、ものすごく素直に書かなきゃいけないな、と思って。圭に相談していく中で、日本語で書くよりも、むしろ英語の方がスッと入ってくるんじゃないかと考えついたんです。レコーディングに向けて英語と日本語を一緒に書いてみたりもしたんですけど、めぐりめぐって最初に思った英詞になりました。

“底を見たからこそ、自分たちの音楽が見えた”BAROQUEの現在とこれから

―― 今回は、プロデュースとしてL’Arc~en~CielのKenさんが参加されていますが、制作上でのエピソードなどはありますか?

圭:「GIRL」は実はすでに、去年のクリスマスにライブで披露していて、そこからずっとライブでやり続けていた曲なんですよね。だから、Kenさんには曲のイメージが出来上がってから入ってもらったので、逆に大変だったかもしれないですね……。違うイメージのバージョンも色々試作しましたけど、自分達もライブでやり慣れてしまっているし、ファンの子たちも聴いていた曲から大幅に変わっちゃうとやっぱり違和感もある。その辺のすり合わせには、結構苦労したと思います。結果的に別の曲になるというより、元々あるものを活かすという感じのプロデュースをしていただいたと思います。僕らはプロデューサーをつけること自体が初めてだったので、今回はエンジニアさんやスタジオも全部Kenさんに任せて、セレクトしてもらおうと思っていました。しかし、プロデュースしていただいたことで改めて自分がすごく頑固だとも自覚しました(笑)。でも、逆にそれによって絶対譲れない部分や伝えたいメッセージなどが浮き彫りになったので、良かったと思いますね。それをどうやったら聴いた人に伝えられるかということを、Kenさんは教えてくれて、すべてが勉強になりました。

―― 怜さんはいかがでしたか?

怜:歌唱のニュアンスを、具体的にアドバイスしていただきました。根本の部分なんですが、自分で思うよりより深く。ここではどんな「Girlのような表情」なのか、とか、1回目に出てきたGirlと2回目に出てきたGirlは違う子なのかとか……。そういうひとつひとつの言葉の感情の強さやニュアンスを話しながらレコーディングして。英詞だからこそより言葉の持つニュアンスを大事にしないと伝わらないので、改めて曲中の主人公について考えたり。びっくりするくらい良い経験になりました!

1 2 3 4 5 6