INTERVIEW

“底を見たからこそ、自分たちの音楽が見えた” BAROQUEの現在とこれから

“底を見たからこそ、自分たちの音楽が見えた” BAROQUEの現在とこれから

“底を見たからこそ、自分たちの音楽が見えた”BAROQUEの現在とこれから

10月26日にニューシングル『GIRL』をリリースしたBAROQUE。メンバーの失踪や活動休止など、さまざまなトラブルを経て再びステージに立つ彼らは、バンドとしてどんな時間を過ごしてきたのか?そして、BAROQUEとして音楽を再び奏でる決意をした彼らの、今までとこれからの話を聞いた。

―― BAROQUEはROCK PRESS Tokyo初登場なので、お互いにメンバー紹介をお願いできますか?

怜:圭はBAROQUEのギタリストです。真面目なところで言うと、うちの楽曲を生むキーマンというか(笑)。

圭:キーマンって…。他にいないじゃん、誰も(笑)。

怜:性格は、いつも僕がおっちょこちょいなので、ある意味対象的かも。あと音楽が本当に好きで常に音楽の中にいる。もうずっと本当に長い間一緒にいるので、僕にとっては切っても切れない存在。

―― ありがとございます!では圭さんから怜さんのご紹介をお願いいたします。

圭:怜はBAROQUEのヴォーカリストです。基本的に結構恥ずかしがり屋ですね。ライブ中は結構ワイルドな感じなんですけど、実は繊細な人。歌うときに感情移入してしまったりするところも、いいところだと思います。

―― このお二人が一緒に音楽活動をすることになったキッカケを教えてください。

怜:学生の頃ですね、僕が高校2年生で圭が中学3年生かな?

圭:そうだね。川崎クラブチッタというライブハウスで、対バンしたのをキッカケに出会いました。当時は別々のバンドに所属していたんですけど、僕が中学卒業したときに怜を誘ってバンドを始めて……バンド名は2つくらい変わってるんですけど、ずっと怜とは一緒にやってきました。BAROQUEは他のメンバー(万作と晃)に誘われて、加入したところから始まったんです。結成時5人いたメンバーが、いろいろあって現在2人になったという…。


“底を見たからこそ、自分たちの音楽が見えた”BAROQUEの現在とこれから

怜:そうそう(笑)。

―― お二人はかなり長い間、一緒にバンドをやってこられたわけですね。長年一緒にやっている中で、お互いにこんなところが変わったなと思うところはありますか?

圭:怜は最近、自分の殻を破り始めましたね。元々はそういう人だったんでしょうけど、自分の心にバリアがあるというか……そういうところのある人だったんです。だけど、ここ最近はその殻を破りつつあるのかなという感じがしますね。

―― 人間的に柔らかくなったということですか?

圭:それもあります。人間って余裕と自分に自信がないと周りにも優しくできないじゃないですか。そういう部分でも成長したのかな、と思います。

“底を見たからこそ、自分たちの音楽が見えた”BAROQUEの現在とこれから

怜:そうですね。圭は今“圭らしい時間”を過ごしていて彼らしく色々発信している。彼が良いコンディションでいることで、僕もより感情表現がしやすくなったんですよ。明るくいられるし、僕が変われているのであれば、圭が変わったからだとも思います。今がBAROQUEの二人として、一番良い環境だと思っていますね。

1 2 3 4 5 6