INTERVIEW

「メンバー全員が魂を削って音楽してます」21g(SIAM SHADE)ベーシスト・NATCHIN インタビュー

「メンバー全員が魂を削って音楽してます」21g(SIAM SHADE)ベーシスト・NATCHIN インタビュー

SIAM SHADEのベーシストであるNATCHINが中心となり、結成されたロックバンド・21g(トゥエンティワン グラムス)。ヴォーカルであるGenoの口癖 “一度きりの人生”と、人間が死んだ時の“魂の重さ”と言われる“21g”を掛けたバンド名から、彼らのバンドに対する熱い想いをひしひしと感じることができる。
そんな熱いロックバンド・21gのリーダーであるNATCHINに結成秘話から今後の活動、そして今年20周年イヤーという事で活動をしているSIAM SHADEへの想いなどを伺った。

——まず21g(トゥエンティワン グラムス)を結成されたキッカケを教えてください。

NATCHIN: Geno(Vo)は昔からの友人で彼が当時やっていたバンドが活動休止していた時に久々に会って話を聞いて“こいつの居場所はここじゃないんだけどな…”と正直感じたことがキッカケですね。当時、Genoはソロで活動していたのですが、彼から「やっぱりバンドがやりたい」という相談を受けまして、じゃあ“いっそ一緒にやる?”ということになりました。
僕もいくつかプロジェクトを掛け持ちしているのですが、一から自分の全てを捧げるバンドを作るのは年齢的にもラストチャンスかなという思いもあったので、もう一度やってみようと思い立ってメンバー探しからはじめました。Genoの中ではすでに構想があったみたいで、女性ギタリストのいるバンドにしたいという話になりました。ロックバンドで女性ギタリストってパッと浮かぶ方がなかなかいないのが現状ですよね。なのでそこを逆手に取ったバンドってとても面白いのではないかと。

——ありがとうございます。ROCK PRESS Tokyoには初登場ですので、NATCHINさんから見た他のメンバーのご紹介をお願いします!
まずはヴォーカルのGenoさんに関してお願いします。

NATCHIN: 僕にとっては可愛い弟という感じです(笑)。性格はヤンチャでほっておけないタイプだと思う(笑)。
歌に関しては人を魅了する力を持っていて、漢くさいというか体育会系。僕は“漢の中の熱い漢”、熱い歌を歌えるヴォーカリストが好きです。栄喜もですね 笑。彼の生き様が21gには詰まっているし、すごく魂を燃やしている感じがします。“一度きりの人生なんだよ”というのが彼の口癖で絶対に時間を無駄にしない。そういうところからバンド名もつけています。あとGenoが被っている仮面は、誌面などに載った時のインパクト重視もありますが、中世の時は仮面を被ることによって年齢や身分を隠していました。“外見に捕われずに、自分を開放する”…そんな意味も持っていますので、これからも彼のパワフルな歌を思いっきり聴かせてほしいと思っています。

——それでは、ギタリストであるmi-yaさんに関してお願いします。

NATCHIN: mi-ya(Gt)女性なんですが、サバサバしているし、すごく負けず嫌い。なので、同じバンドをやっているからというのもありますが、男性と同等に接しています。そして、これからドンドン伸びるなと思うギタリストの一人です。実はmi-ya(Gt)に関しては話だけ聞いて加入を決めました。ギターは聴いていなかったけど、元々幼少時からピアノをやっていたと聞いてピンときましたし、会って話を聞いた時に天性のものを持っていると感じました。それをどう引き出すかが今の僕の課題ですね。

1 2 3