INTERVIEW

「CDを100万枚売ろうが一生音楽できるっていう保証はない時代」KAMIJO×HIZAKI Versailles復活直前インタビュー

「CDを100万枚売ろうが一生音楽できるっていう保証はない時代」KAMIJO×HIZAKI  Versailles復活直前インタビュー

2007年の結成以来、その抜群の演奏力と一環した耽美な世界観、積極的な海外展開で、ヴィジュアル系シーンに大きな存在感を放っていたVersailles。彼等は昨年末に、2012年の活動休止からの復活を発表し、8月7日に舞浜アンフィシアターで行われる完全復活ライヴ<Chateau de Versailles>、そして9月14日にベスト盤『The Greatest Hits 2007-2016』の発売をひかえている。
ROCK PRESS tokyoでは、バンドの双璧であるKAMIJO(Vo)とHIZAKI(Gt)へのインタビューをセッティング。シーンと音楽に真っすぐでシビアな、2人の言葉が印象的だった。(取材・文:高崎光)

—— まずは復活のきっかけから伺っていきたいと思います。

KAMIJO: HIZAKIくんのほうから「(復活に向けて)そろそろじゃないか」という提案がありまして、僕も「やりたい!」って思っていたので、メンバー全員に会いに行って意思確認をしました。その結果、全員の気持ちがたまたま重なっていたのが去年の年末(2015年12月20日の復活発表)に向けてのタイミングだったという形ですね。

HIZAKI: 結局みんなVersaillesをやりたいって思ってたんですよ。でもなんとなく「またやりたい」っていうのが言ってはいけない禁断の言葉になってしまっていて。KAMIJOさん以外のVersaillesメンバーと違うバンドをやっていたのですが、そこで僕はリーダーなので、僕が先陣を切ってその禁断のルール破ってみた感じです。

KAMIJO: HIZAKIくんが言い出さなかったら、他のみんなも言い出せなかっただろうし、僕は4人が一緒にやってる以上言い出すつもりはなかったので、感謝していますね。

HIZAKI: バンドやる上で1番大切なことってお互いを尊敬し合うことだと思うんですが、そこが長く活動を続けるうちにだんだん噛み合わなくなってしまったんですね。活動休止をしたのはそこを取り戻す為でもあったんですが、外部から見てみると、やっぱりVersaillesはひとりひとりが本当に優れたプレイヤーだと改めて思うことができました。外から冷静な目で見てみる事は、前に進む上でとても大切なことでした。Versaillesには必要な3年間だったと思います。

KAMIJO: 離れて活動することで、今まで同じバンド内で仲間としてやっていたのが、最大のライバルになったわけです。外部から刺激しあえたのは、Versaillesにとってとてもプラスになりました。

——お互いを横目で見て、意識しあってた部分があったんですね。

KAMIJO×HIZAKI Versailles復活直前インタビュー
HIZAKI: 横目どころか、がっつり顔を横に向けて見てましたよ!(笑)  でも、結成当時のVersaillesってそういうところがすごくあって、「誰よりも目立ってやろう!」ってみんな思ってたんですね。その原点の気持ちを思い出せた気もします。

KAMIJO: 関わる人があまりにも多くなってしまって、メンバー同士で話し合うよりも、誰かが間に入ってコミュニケーションを取るような状況が増えてしまったんですよ。そのせいで誤解を生んだり、気持ちを共有できない部分もあったんですが、もう何があってもメンバー同士直接話すように徹底しています。バンドとしての基本にきちんと戻れた気がしていますね。

1 2 3 4 5