INTERVIEW

【桜村眞(和楽器バンド・m:a.ture)】シグネチャーモデル「Seed Kotetsu」インタビュー

【桜村眞(和楽器バンド・m:a.ture)】シグネチャーモデル「Seed Kotetsu」インタビュー

和楽器バンドのギタリストであり、m:a.tureのフロントマンである町屋こと桜村眞氏のファン待望のシグネチャーモデル「Seed Kotetsu」が2016年7月末日に満を持して発売される。
今や日本にとどまらず、活動のステージを海外へと広げる桜村氏に今回監修されたシグネチャーモデルについて、また今後の活動について語っていただきました!

シグネチャーモデル「Seed Kotetsu」について

ーーまず初めにSagoでギターを作るキッカケは何だったのでしょうか?

桜村: 最初に工房にお邪魔して、オーダーのお話をしていたときは、6弦と7弦のギターを2本作ってもらおうと思っていたのですが、結局色々な現場に入っていると半音下げの曲だったり、ドロップチューニングの曲だったり…どうしても曲間で持ち替えが必要になってくるんですよね…。でもステージの演出的に持ち替えをしたくない場合が結構あるので1本でいけるならそれに越したことはことはないなぁと…。それなら、6弦を7弦の音域まで低音弦側にフレットを増やしていくという発想を採用しようという話になりました。
そして、このギターの良いところはオープンコードがかなり使えるところです。今までの7弦のモデルだと基本的にリフでしか使えなかったことが多かったと思います。パワーコードだったり、単音だったり…。それがコードで鳴らせるといった利点があります。これを普通のギターでやると2音下げになるのでハイフレットを弾くときに高い音が2音半分出なくなってしまいますよね?
そういった面でもすべての音域をカバーして、またネックが長いことでテンションが弛まないのでテンション感を保ってプレイすることができるモデルと言えると思います。今回のシグネチャーモデルにももちろん反映されていますよ。

ーー音の部分では、ピックアップの配列を調整されたとお聞きしました。

桜村眞 インタビュー
桜村: 基本的に僕はシングルコイルが好きなのですが、重いディストーションサウンド等、リアのピックアップを求められることが多いので、それぞれのフレーズに合わせて楽器を持ち変えるような感覚でピックアップ位置を変更することができるというのがこの配列の特徴でもあり、とても良いところだと思います。リアのときは高出力のハムバッカーを使用し、センターのときは低出力のシングルコイルがジャキっとしたクランチにすごく向いていて、フロントにしたときはP-90特有のクリーミーなトーンの音を出すことができます。
先ほどと重複しますが「1本でなんでもできる」というところに重点を置いています。ワンステージを1本のギターで完結させてしまおうという発想ですね。

1 2 3