INTERVIEW

約2年ぶりとなるPlastic Treeのニューアルバム『doorAdore』は、改めて自分達らしさを追求した自信作!

約2年ぶりとなるPlastic Treeのニューアルバム『doorAdore』は、改めて自分達らしさを追求した自信作!

——個性の話をすれば、“これがナカヤマアキラだ!”っていう「scenario」も激しいインパクトありますね。ライブで熱い時間になりそうな予感がします。

有村:アルバムの内容を話し合った時に、アキラが“こういう曲を作りたい”ってことは言ってましたからね。僕もライブにこういう曲があったらいいなって思うし。確かに、ライブに来てくれるファンの人が一番暴れられるというか……そういう意味でも楽しみです。

——いろんな曲があるのに、曲順はすんなりハマってますね。

有村:シングル曲が多いのに、それぞれバランスがよかったですね。もちろん、アルバム用にリミックスしたりテイクを変えたりしてますけど。たぶん、シングルから発展した曲が多かったのもあると思います。

——しかも、シングルを作ったタイミングなんて、アルバムのことは考えてなかったわけですしね。

有村:考えてないですよ(笑)。1曲入魂型ですから。

——なるほど(笑)。すごいなと思ったのはアルバム最後の曲が「静かの海」で、これは「サイレントノイズ」のカップリングなんですよね。なんかアルバムの最後にすごくハマっているなと思って驚きました。

有村:僕もそれは思いました。このためにこの子はいたのかなって。

長谷川:歌詞の世界観も不思議とアートワークとマッチしてるんですよ。

有村:アルバムって、その時期のバンドの代表的な記録だし、ホントにいい作品になったと思います。

1 2 3 4 5