INTERVIEW

約2年ぶりとなるPlastic Treeのニューアルバム『doorAdore』は、改めて自分達らしさを追求した自信作!

約2年ぶりとなるPlastic Treeのニューアルバム『doorAdore』は、改めて自分達らしさを追求した自信作!

——ちなみに、衝動でやれた曲はというのは?

有村:それが「エクジスタンシアリスム」です。僕は歌詞で参加しているんですけど、夜中にいきなり歌詞を思いついて。その段階では誰が歌詞を書くのか決まっていなかったんですよ。ただ“これは俺が書いた方がいいのかな”って。しかも自然に浮かびましたからね(笑)。それで“歌詞書けちゃった”ってみんなに言ったらビックリされました(苦笑)。

長谷川:“ほぉ!”って(笑)。

有村:アキラにも“こんなに前倒しで歌詞を書いてくるなんて初めてじゃないの?”って言われて(笑)。何か本能に引っ張られたんですかね。
——誰かに託す……っていうところで言うと、「サーチ アンド デストロイ」はナカヤマアキラ作詞、佐藤ケンケン作曲ですね。ここにはもう乗っかった感じなんですか?

有村:こういう曲はアキラとケンケンじゃないと出てこないでしょうしね。

長谷川:俺にもこういう発想はないなぁ(笑)。

有村:俺にもないです。僕と正君はポカ〜ンですよ(笑)。あ、面白いっていう意味で(笑)。

長谷川:この曲にしてこの歌詞なんだろうなっていうのもあるしね。

1 2 3 4 5