INTERVIEW

約2年ぶりとなるPlastic Treeのニューアルバム『doorAdore』は、改めて自分達らしさを追求した自信作!

約2年ぶりとなるPlastic Treeのニューアルバム『doorAdore』は、改めて自分達らしさを追求した自信作!

——アルバムジャケットのイメージが最初にあったということですね。

長谷川:これは、シングル以外にどんな曲があったらいいかっていうのをザックリとメンバーで話しあった時、俺自身が「遠国」みたいな曲が欲しいと思って作った曲ですね。

——こういう湿度のあるロックって、もはやお家芸じゃないですか(笑)。

長谷川:プラならではだと思うんです。こういう曲は。

有村:Plastic Treeらしい曲だし、アルバムに入るPlastic Treeの代表曲っていう感じですよね。曲と歌詞とサウンド含めて、アルバムならではの曲になったし、滅多にできない新曲なので、これはぜひ聴いて欲しいです。
プラならではだと思うんです。こういう曲は。

——どの曲にも各メンバーの個性がしっかり出ているのもプラの面白さですよね。個人的に面白さを感じた曲はありますか?

有村:「エクジスタンシアリスム」かな。ギターのリフだけだとオールドロックみたいな曲なんだけど、それを現代的な解釈でやれたのはバンドとしても初めてかも。

長谷川:ライブ映えする曲なんじゃないですかね、これは。俺的には「いろつき」が面白かったです。これはベーシストとして楽しく取り組めた曲かな。ベースのセクションごとにリズムの取り方を変えてみたりして、弾いていて面白かったです。

——確かに、「いろつき」は新鮮な曲ですね。“こういう曲もやっちゃうんだ”っていう感じで。

有村:実はこの曲、方向性が決まらないままレコーディングに入ったんですよ。完成形も見えていなくて。僕自身は、曲の完成形が見えていないとイヤなタイプなんですけど、この曲ははラフにやれたんですよね。これまでは、完成形が見えない曲は“もう少し時間をください”って言ってたんですけど。ただ、そうは言っても時間はかかりましたよ。ギリギリまで(苦笑)。苦労はありつつも、遊べた曲かな。うん、でも今回のアルバムは、全体的にバランスよく取り組めたと思います。衝動でやれた曲もあるし、誰かに託すこともできたし、俺に任せろ!って曲もあったし。

1 2 3 4 5