INTERVIEW

デビュー直後から注目度急上昇のEBiSSH、12月20日に両A面の2ndシングル「マイ・フレンド/キミでいっぱい」をリリース!

デビュー直後から注目度急上昇のEBiSSH、12月20日に両A面の2ndシングル「マイ・フレンド/キミでいっぱい」をリリース!

――そうだったんですか。「マイ・フレンド」が絆を歌う曲になったおかげで、ラブソングであるもう一方のリード曲「キミでいっぱい」とは、いい感じでメリハリがつきましたね。

NAOYA:このギャップは僕たちも気に入っていて。あと、「キミでいっぱい」には新しいEBiSSHの一面も出せたと思います。今まで歌ったことのない曲調なので、歌入れではいろいろあった……んだよね?

――どんないろいろがあったんでしょう(笑)。

TETTA:「マイ・フレンド」とは、すごくギャップがあったんですよ。「キミでいっぱい」は、まず雰囲気を作らなきゃいけないって思ったんです。すごくカッコいいメロディーですからね。Kさんからも“力強く歌うように”っていうアドバイスをいただいていて。でも、一方では雰囲気もつけなきゃいけないので、今まで挑戦したことのない歌い方でレコーディングしたんです。


REI:音数が少ないし、ボーカルやラップの声が目立つ曲なんですよね。それだけに、レコーディングは緊張しました。でも、僕自身はいつか歌ってみたいと思っていた曲調だったし、成長するキッカケになった曲です。

――またしても実直な意見が! 歌唱力に定評のあるKさんからもアドバイスをいただけるなんて、心強いですね。

REI:この前、TETTAのバースデーライブがあって、その時に「キミでいっぱい」を披露したんですが、ファンの子から“ああいう曲をもっとやって欲しい”っていう意見をいただいて。だから、もっと頑張らなきゃいけないなって思いました。

――ところで、今回リリースするシングルは3種類あって、各バージョンには違うカップリング曲が入っていますね。ただ、いずれも冬に似合うラブソングで統一感があります。

NAOYA:「今日は家に帰らないで」はJUNEさんが、もともとある曲を僕たちバージョンに変えてくれたんです。ちょっとEDM寄りで、僕自身は特にイントロ部分が気に入ってます。「Christmas Time Again」のイントロもロマンチックで、そこからの盛り上がりがすごく好きなんです。どちらも、ぜひこの季節に聴いて欲しいですね。

1 2 3 4 5