INTERVIEW

伸びしろ抜群のボーイズグループ さとり少年団がアニメ主題歌の「ヘルプ ユー」で鮮烈デビュー!

伸びしろ抜群のボーイズグループ  さとり少年団がアニメ主題歌の「ヘルプ ユー」で鮮烈デビュー!

――確かにフェスが似合いそうな雰囲気がある仕上がりですよね。では続いて、謙信くんどうぞ!

謙信:僕がいちばん好きなのは「gomenne」です。

――みんな、他のメンバーとかぶらない曲を選んでくれるんですね(笑)。


謙信:たまたまです(笑)。どうしてこの曲を選んだかというと、今までは永玖だけが歌って、颯斗と僕はダンスだけだったんですね。それが「gomenne」では、初めてRAPに挑戦させてもらって……。そんなに長いパートではないんですが、自分の声が歌の中に入ったことが感動でした。この曲は失恋した男性のストーリーを歌ってるんですけど、ダンスしていると気持ち的に入りこめるんですよ。パフォーマンスしていて気持ちいいです。

――いきなりRAPを? でも、すごくハマってますよ。

颯斗:永玖はいつも通りのレコーディングだったと思うんですけど、僕らもなぜかスタジオに呼ばれて。“ここでRAP入るから”っていきなり言われたんですよ(苦笑)。“え? やばい!”と思って、そこからすっごく練習しました。RAPなんて経験なかったし、備えてもいなかったですからね(笑)。自己流ながら頑張りました。

謙信:レコーディングの時間がすごく長かったです。何度もやり直したし……。何しろ初めてだったんで、すごく緊張しました。

――これから、どんどんRAPのパートも増えていきそうですね。

颯斗:「ヘルプ ユー」にもRAPのパートがあるんですけど、こっちは「gomenne」より長めで苦戦しました。英語と日本語が混ざっていたし、言い回しが難しかった。

謙信:しかも、RAPが長いのに踊りながらやらなきゃいけないんで、歌って踊ることの難しさを実感しました。

――その上、RAPには個性も出さなきゃいけないわけですからね。

颯斗:僕から見ると、謙信には彼らしさが出てると思うんですよ。

謙信:ええっ!(照)。

颯斗:強いメッセージ性が出ているっていうか、聴いてても来るものがあるなって思います。

――確かにそれぞれの色は出ていると思いますよ。永玖くんはすでに、バラードからアッパー系、ロックまで、かなり幅広く歌いこなしてますが、得意なのはどういう歌ですか?

永玖:「gomenne」みたいなバラードが得意です。

颯斗:永玖はカラオケに行ったらバラードしか歌わないですから(苦笑)。

永玖:今回、「It`’s My JK Life」みたいなアップテンポな曲に初めて挑戦したんですが、また挑戦したいと思ったし、もっと激しい曲も歌ってみたいですね!

1 2 3