SERIES

『NAOKI(FANTASISTA/ex.Kagrra,)の人生どうかしてるぜ♡』Vol.9 森重 樹一(ZIGGY)

『NAOKI(FANTASISTA/ex.Kagrra,)の人生どうかしてるぜ♡』Vol.9 森重 樹一(ZIGGY)
ベーシスト・NAOKI(FANTASISTA/ex.Kagrra,)が会いたい著名人やアーティスト、アスリートと大好きなお酒を交わしながらざっくばらんに語り合う連載企画『NAOKI(FANTASISTA/ex.Kagrra,)の人生どうかしてるぜ♡』!第9回目のゲストはヴォーカリストの森重樹一さん(ZIGGY)。憧れの存在の森重さんとの対談ということもあって前日眠れなかったとコメントしていたNAOKI。ドキドキ…夢の対談をお楽しみください!!

NAOKI:いや~、今日は汗が止まらないっす! あ、まずは乾杯しましょう!

森重樹一(以下森重):あ、ゴメンね、お酒じゃなくて。もうね、お酒はこれまでに随分飲んじゃったからさ(爆笑)。もしかして初めましてだよね?

NAOKI:あの……実は品川ステラボールのイベントで、僕がKagrra,っていうバンドにいた頃にゲストボーカルで森重さんとご一緒させていただいたんです。
そこで“あっ、森重さんだ!”って思いながら影で見てました。森重さんは僕の憧れで……。僕自身が聴いてきた音楽もZIGGYだったりBOOWYだったんですが、兄がその世代だったんですよ。僕はそれこそ小学生の頃から聴いてました。だから、こうやって森重さんとお話しできる機会をいただいて、感無量というか……久々でしたよ、眠れなくなったっていうのは(苦笑)。

『NAOKI(FANTASISTA/ex.Kagrra,)の人生どうかしてるぜ♡』Vol.9 森重樹一

森重:それは嬉しいね! 僕もZIGGYを始めてから30年以上経ってるけど、こういう機会があると、誰かにバトンを渡すような感覚をすごく感じるんだ。若い世代が自分達の音楽を聴いてきてくれていたっていうのは、何だか自分がある役目を果たせたような幸せな気持ちになるね。

NAOKI:僕はZIGGYを聴いてきて、特に森重さんの歌い方や抑揚で心に響いた曲があるんですよ。それが大ヒットした「GLORIA」ではなくて「6月はRAINY BLUES」だったんです。あの曲が大好きで、何て優しい声で切ないんだろうって……小学生ながらに、そう思ったんですよ。以前、CMで「Jealousy~ジェラシー~」が流れてきた時にも、セクシーな声なんで誰が歌ってるんだろうと思ったら、CM画面に“ZIGGY”っていうクレジットが出てきてやっぱりなと(笑)。

森重:あ、「カメリアダイアモンド」のCMだね。あったあった! そうか、そういう風に感じたんだ。不思議だよね。「Jealousy ~ジェラシー~」にしても「6月はRAINY BLUE」にしても、そんなに作為があって作ったわけじゃないんだよ。自然に出てきた曲で、特別な思いがあって作ったんじゃないんだ。でも、それが誰かに届いたら全然違うものになるんだね。だから、自分が素直に何かを感じて、形にするのは悪いことじゃないって思う。聴いてくれる人に喜んでもらうために考えて曲を作るのもいいかもしれないけど、自分はずっと自然体でやってきたし、それをそんな風に感じてもらえるなら、すごくラッキーだなって思うよ。

1 2 3 4 5