REPORT

超特急『代々木を超えろ!!!』満場の野外フリーライブの模様をレポート!

超特急『代々木を超えろ!!!』満場の野外フリーライブの模様をレポート!

9月30日、 Blu-ray「BULLET TRAIN CHRISTMAS ONEMAN SHOW 2016 愛す。in Wonder Land」のリリース記念を祝して、ラゾーナ川崎プラザ ルーファ広場 グランドステージにて、超特急「超特急フリーライブ “THE END FOR BEGINNING -Step 1-”First Step? Last Step?」と題されたフリーライブが約2年振りに行われた。

超特急『代々木を超えろ!!!』満場の野外フリーライブの模様をレポート!
14時ちょうど、「超ネバギバDANCE」のSEで“電車ごっこ”をしながら、元気いっぱいに飛び出してきた7人組ダンス&ボーカルグループ・超特急のメンバーを迎える8号車(=彼らのファンの愛称)の大歓声が響き渡ると、ショッピングモールが一瞬でライブ会場に様変わりする。

初めて超特急を観るオーディエンスへ自己紹介の意味も込めて届けられたエモーショナルなダンスナンバー「Superstar」でユーキ(5号車)がいつもに増したパワー溢れるバク転を披露すると、会場から悲鳴に似た黄色い歓声が響き渡った。2年振りに開催されたフリーライブとあって、メンバーとファンのテンションは初っ端からアクセル全開!

続いて、ファンもお待ちかねの「POLICEMEN」では、イメージカラーの警棒を持ち、ビシッと敬礼をキメて息ぴったりのクールなダンスを披露してくれた。途中、ユーキが警棒を落とし、お茶目に舌を出してはにかむ場面もあったが、すべてをエンタメに変換してしまう遊び心いっぱいの彼らのステージには失敗という文字は無いのだ。

1 2 3