INTERVIEW

超特急 『チャイルドな一面もあります!』ライブBlu-rayリリース記念インタビュー

超特急 『チャイルドな一面もあります!』ライブBlu-rayリリース記念インタビュー

―― 分かりやすく、楽しいご紹介ありがとうございました(笑)。読者にも伝わったと思います!

さて、9月20日にはファン待望のライブBlu-ray『BULLET TRAIN CHRISTMAS ONEMAN SHOW 2016 愛す。in Wonder Land』がリリースされますが、収録されている昨年のライブはいかがでしたか?


ユーキ:タイトルの通り“愛”をテーマにしたストーリーで構成されています。魔王の手によって僕らが動物に変えられてしまう…というところから物語が始まるんですど。今回はアルバムのリード曲を初めて披露していたり、冬にぴったりの楽曲「Snow break」、「Fantasy Love Train~君の元までつながるRail~」も見所の一つです。アンコールでは、超特急らしさを全面に推しだしていて、8号車とともに楽しいライブが作れた…、そんな内容のBlu-rayになっています。肩書きは、こんな感じです。

一同:爆笑

カイ:肩書き? 概要な…!

タクヤ:代々木体育館でワンマンライブやるのが初めてだったので、ステージセットをみんなで考えたり、セットリストも来てくれたみんなに感謝の気持ちを伝えるというのを軸に作ってあって、しっとりした楽曲で締めるのも一つの挑戦でした。会場全体が暖かい空気になった心暖まるステージでした。

リョウガ:あと出だしから某有名なアニメのキャラクターの声優さんがナレーションに参加してくれたり、豪華な内容になっています。個人的にはメイキングがおすすめです。新しい試みで僕がアフレコをさせていただいていて、37分間ずっとしゃべっています。

カイ:メッセージカードをみなさんに渡せたのも嬉しかったですね。みなさんへの愛を形にできたかなと…。

コーイチ:そうだね。色々な形で愛を表現したステージだったね。

ユースケ:楽しかったです!ストーリー性が強く緩急あるライブ。エンターテイメントが追求されていて、さらに超特急らしさが感じられました!2016年はみんなそれぞれの想いがあって、このステージに立っていたんだと思うと感慨深いので、たくさんの方とこのライブの良さを共有したいです!

―― ありがとうございます。ライブに来れなかったみなさんもぜひBlu-rayでチェックして欲しいですね!
話は変わりますが、今年の年末には『BULLET TRAIN ARENA TOUR 2017-2018 the end for beginning』と題されたアリーナツアーも控えています。意気込みをお聞かせください。

カイ:そうですね。いつも年末のライブは締めくくりとして行うことが多いのですが、今年は年末年始にかけてツアーを行うので、それにプラスして良いスタートが切れたらいいなと思っています!

タカシ:超特急の格好良いけどコミカルな要素は勿論今までにない、新しい超特急も届けられたらなと思います。

ユーキ:今回のツアーは、衣装含め、もっと自分たちの色を出したいというか、表現していけるように現在、準備中です。楽しみに待っていてくださいね。

1 2 3 4