INTERVIEW

GLIM SPANKYのサイケな本質が大爆発!新作『BIZARRE CARNIVAL』で炸裂する世界観とは?

GLIM SPANKYのサイケな本質が大爆発!新作『BIZARRE CARNIVAL』で炸裂する世界観とは?

――他にも気になる曲がたくさんあるんですよね。ちなみに、制作的に冒険した曲はありますか?

亀本:冒険ですか……う~ん、僕は1曲目の「THE WALL」かな。基本的にイントロが始まってバンドの音が入った時、ギターのリフがリードを取ることって多いじゃないですか。でも、「THE WALL」は、メインのリードがシンセのフレーズなんですよ。僕自身はこういう感じがすごく好きで、いつかやりたいと思ってたんです。いつもなら曲が始まっても細かいフレーズをペロペロ弾いているのに、この曲はバーン!って始まったら“イェ~イ!”って盛り上がれるんで楽しいんです。

――ライブの1曲目によさそうですね。

亀本:実はこの前のサマソニで1曲目にやったんですよ。

松尾:気持ちよかったですね(笑)。

――レミさんが冒険した曲は?

松尾:音的な冒険は「白昼夢」ですね。なぜかと言うと、ゴミ箱とか椅子の脚を叩いたりして、生活感のあるものを楽器にして音を作るっていう冒険を遊びながらやったんです。あと、私の趣味が大爆発して作ったという意味で冒険したのは「BIZARRE CARNIVAL」と「The Trip」ですね。

――「BIZARRE CARNIVAL」と「The Trip」は、サイケな音色がインパクトありますし、コーラスも相当凝ってませんか?

松尾:それがですね、「BIZARRE CARNIVAL」も「The Trip」も、自分の中ではメインのメロディーと同時に全然違うメロディーが自然に鳴っていて。これがキレイなコーラスではなく、かなり不規則なコーラスだったんですよ。でも、これが一瞬でできてしまって。もう趣味大爆発でした。特に「BIZARRE CARNIVAL」なんてホントにすぐできちゃって。もう誰に何と言われようとこういうのを作ろうと思っていたんで、作ってて楽しかったです。

1 2 3 4 5