INTERVIEW

GLIM SPANKYのサイケな本質が大爆発!新作『BIZARRE CARNIVAL』で炸裂する世界観とは?

GLIM SPANKYのサイケな本質が大爆発!新作『BIZARRE CARNIVAL』で炸裂する世界観とは?

――気がついたらハマってしまうかも。

松尾:そう思ってくれたらいいなぁ。そして音楽が好きな人達の引き出しも、どんどん増えればいいなと思って活動しています(笑)。そう言えば、私たちってよくまわりから“60年代に憧れてやっているんですか?”みたいなことを言われるんですよ。確かに好きなサウンドではあるんですけど、決してそこを目指しているわけでもなくて。実際、いろんな音楽も好きで聴いてますしね。ただ、その中で感覚が合うのがどうしても60年代のサウンドだったりするんです。

――「END ROLL」でコンガを使っているのも、あの時代の雰囲気がありますね。

亀本:作り始めた時は何となく“こんな感じで作ろうかな”って感じだったんです。そこにドラムとコンガのパターンを軽く作って、ギターのリフを考えたら、原曲とは違う感じになってきて。それをレミさんに渡してメロディーを考えてもらったら、また違う感じになって。ゴールは見えてなかったけど、作業を繰り返すうちにカッコよくなりましたね。

松尾:この曲は確かリフだけもらって、サビのコード進行を適当に歌って作っていったんですね。でも、カメ(=亀本)のイメージはそうじゃなかったみたいで(苦笑)。お互いに思っていた方向が違っていたんだけど、それが逆にいい感じに働いたと思います。

――いわゆる化学変化ですね。

松尾:そうです! やっぱりロックバンドのサウンドで、リフがガンガン利いているところにコンガが入るのってカッコいいと思うんですよ。ローリング・ストーンズの「悪魔を憐れむ歌」みたいにね。最近で言えば、ベックがいろんなところから素材を引っ張って作るみたいな感じというか。だから、ロックとアースミュージック的な要素を組み合わせたらおもしろいかと思って、今回はコンガを入れてみたんです。

1 2 3 4 5