REPORT

快進撃を続ける超特急!ツアーファイナルではロングメドレーを披露し、8号車(=ファン)も大熱狂!

快進撃を続ける超特急!ツアーファイナルではロングメドレーを披露し、8号車(=ファン)も大熱狂!

快進撃を続ける超特急!ツアーファイナルではロングメドレーを披露し、8号車(=ファン)も大熱狂!
 このあとのブロックは、オリコンのウィークリーチャートで1位を獲得したシングル「超ネバギバDANCE」で始まり、続く「DJ Dominator」では、メンバーが客席に降りるという演出に場内は大熱狂。だが、見どころはそれだけではない。中盤からは目玉コーナー、30分超えのロングメドレーが繰り広げられたのである。ここでは、様々な組み合わせで、メンバーがダンスを披露。もちろん、ボーカル担当の7号車、タカシが「refrain」を、コーイチが「STYLE」で、しっかりと歌声を聴かせる時間帯もあり、メンバーの個性が浮き彫りに。シャープな動きで人気の4号車、タクヤも、アクロバティックなダンスならおまかせの5号車、ユーキも、それぞれの持ち味を活かした動きで引きつける。常にハイテンションの6号車、ユースケも悪代官キャラで笑いを誘って大活躍。かと思えば、「LIBIDO」ではカイがトロッコで1階の客席通路に出現したり……と、見どころ多すぎのロングメドレーは、ボリューム満点の内容となった。衣装チェンジやフォーメーションの変化で舞台裏は相当大変だったはずだが、メンバーが入り乱れて登場するスピード感が心地よい。この勢いのままメドレーのあとは最新ヒットシングル「My Buddy」へ。メドレーの締めくくりのあとに、新曲を持ってくるとは、なかなか粋なセットリストだ。

 後半を前に、ようやく2度目のMCタイム。全国ツアーの思い出を各自が面白おかしく語っていく。武道館でユーキの衣装が破れたエピソードや、各地のおいしいご飯トークなどで、大いになごむ。

1 2 3 4