REPORT

快進撃を続ける超特急!ツアーファイナルではロングメドレーを披露し、8号車(=ファン)も大熱狂!

快進撃を続ける超特急!ツアーファイナルではロングメドレーを披露し、8号車(=ファン)も大熱狂!

 4月末からスタートした超特急の全国ツアー「Bullet Train 5th Anniversary Tour 2017「Trans NIPPON Express」」。合間に日本武道館公演やニューシングル「My Buddy」のリリースをはさみ、8月8日に東京国際フォーラム ホールAで、ついにファイナルを迎えた。開演前の会場は、いつものことながらカラフルのひと言!
快進撃を続ける超特急!ツアーファイナルではロングメドレーを披露し、8号車(=ファン)も大熱狂!
というのも、7人のメンバーにはそれぞれイメージカラーがあり(ちなみに、ファンのイメージカラーはピンク)、ファンは応援するメンバーの色のグッズを身につけているからだ。年齢層も実に様々で、親子や女子グループだけでなく、男子の姿も目立つ。常にフルパワーで楽しませてくれる超特急だからこそ、幅広い層に響いているのかもしれない。
 多くのファンの期待を乗せ、開演を告げる発車のベルが鳴る。「OVERTUNE」のSEに乗せ、幕が開くと、レーザー照明が飛び交う派手な演出でライブがスタート! この日は1号車のコーイチから、ひとりずつ順に登場するというスタイル。ラストは全員が一列に並び、キレキレのダンスで魅了。アゲアゲナンバーの「We Can Do It!」で、一気にテンションを上げていく。続いて“ビリビリダンス”で人気の「Believe×Believe」など、シングル曲を連発。3曲目の「No.1」では5号車のユーキが「みんなペンライトつけて!」と、号令をかける。その瞬間、会場には色とりどりのライトがまたたき、華やかな雰囲気に。各メンバーの動きも激しくなり、気づけば、全員が汗だくだ。5曲目の「Superstar」終わりで、ようやく自己紹介を兼ねたMCタイムに。まずはトークをリードする3号車のリョーガが「皆さん、楽しんでますか〜!」と挨拶。2号車のカイは「今日は8月8日、8号車の日ですよ!」と、場内を盛り上あげ、さらには中継の映像を見ている8号車達にも「楽しんでますか? イェーイ!」と声をかけて、画面の向こう側を気づかった。

1 2 3 4