INTERVIEW

ReFrain ReFrain “等身大の僕らを聴いて欲しい” ミニアルバム「Breezing」リリースインタビュー

ReFrain ReFrain “等身大の僕らを聴いて欲しい” ミニアルバム「Breezing」リリースインタビュー

——さて、8月9日に満を辞してリリースされたミニアルバム「Breezing」。
今作は、どんな気持ちで制作されましたか?

中村禎(Vo&Gt):前作は自分たちのパッションを全面にぶつけた作品になっていて、ReFrain ReFrainってどういうバンドなのか…、正直自分たちも探り探りなところがありました。一作目やライブを経て僕たちが表現したいこと、思い描く未来はしっかりと表現出来たのではないでしょうか。

吉田啓一(Gt):前作は禎(中村)の言うとおり、手探りな部分、そしてライブをイメージしての作品作りではなかったので、今作はライブを経験してそれを生かした作品作りという感じです。ファンの方々が僕たちと一体になれる作品であったり、楽しめるものを意識して制作しました。

——前作を経て、ReFrain ReFrainが成長してきたと思います。ファンの方々の反応も変わってきたのではないでしょうか?

中村:そうですね。まだライブで数回しか披露していないのですが、「あの曲すごく良い!初見でノレました!」という声をたくさん頂いていて。僕たちの届けたいメロディや世界観が既に伝わっていることが純粋に嬉しいですし、“進化した”とはっきり言える作品になったと自負しています。

——数回ライブを拝見させていただいて、ReFrain ReFrainはファンの方々と一緒に成長するバンドというイメージが強いです。

中村:最初は本当に手探りでやってきて、気持ちばかりが前のめりだったというか、音や言葉にすべてを表現しきれていなかった部分がありました。ライブを通してリスナーのみんなと目を見て音を交わし、成長していけているというのはとても実感しています。

吉田:なんだかファンとの距離が縮まった感じがしています。前回の作品では、頑張ってオーディエンスを先導していかないとという気持ちもありましたが、今回の作品は最初からお互い良い距離感でノれているというか。

——そういう意味では手応えを感じていると。

吉田:そうですね。初めて聴いた曲にも関わらず、ノッてくれたり、たくさんの反応が返ってくる。響いているなという実感はあります。

——ありがとうございます。ちなみに制作期間のエピソードとかありますか?

吉田:曲によってギターソロがあるのですが、禎からギターのOKをなかなか出してもらえなくて。50回以上データのやり取りをしました。今回はギターソロに関しては、初めて僕がすべて担当する形にしました。
あと僕らのグッズのTシャツを二人で着て、近くの公園で歌詞を考えたり……。

——カップルじゃないですか(笑)。

吉田:携帯とにらめっこしながら、同じTシャツで、ベンチで隣同士(笑)。

中村:様子がおかしい感じでしたよね(笑)。「別れ話してるの?」みたいな。

——(笑)。

1 2