SERIES

『NAOKI(FANTASISTA/ex.Kagrra,)の人生どうかしてるぜ♡』Vol.7 MASASHI(Versailles)

『NAOKI(FANTASISTA/ex.Kagrra,)の人生どうかしてるぜ♡』Vol.7 MASASHI(Versailles)

NAOKI:確かに。そうだよね。

MASASHI:ベースを続けてて今すごく感じるんだけど、“上手い、下手”って良く分からなくなってきていて。というのも、一定のところを越えると個性が大事になってくるよね。みんな好きなベーシストから影響を受けて、ベースを始めて、最初は真似事でしょ。そこからインスピレーションを受けたもので変わっていって。俺は一概に何かが早く弾けるから上手いとかスラップできるから良いとか、そういうのじゃないと思っていて。バンドに合わせられる、バンドの空気感にフィットするベーシストが“上手いベーシスト”というんじゃないかなと思っているんだよね。

NAOKI:それは俺も思うかな。技術を持っている人はたくさんいるけれど、真似はしたくないというか。特にそこじゃなくても良いんだよね。

MASASHI:上手いことに越したことはないけれど、ベーシストってムードメーカーが多い気がしていて、ある意味、空気を読む仕事だと思っているんだよね。正直、昔は前に前に出たくて“ギターなんてどうでも良い!”っていう気持ちが強くて音に滲み出ていたと思う(笑)。

NAOKI:“とにかく目立とうぜ!”みたいな(笑)。分かるなぁ。

『NAOKI(FANTASISTA/ex.Kagrra,)の人生どうかしてるぜ♡』

MASASHI:あとなおらんの前身のバンドのKagrra,のメンバーは俺にとって先生みたいな感じで一人一人から学んだことがあるんだよね。真くんからはDTM系のことを教えてくれたし、一志くんは“歌詞こうした方が良いんじゃない?”とか細やかなアドバイスをくれる兄貴的な存在だったし。今でもとても感謝しているよ。

NAOKI:そうなんだ。それは初耳だな。

MASASHI:白水くんはおっとりしていて、YUKIくんとちょっと被るんだよね(笑)。癒し系というか。

1 2 3 4