REPORT

PIERROT+DIR EN GREYが横浜アリーナで世紀の対決!ピエラーと虜を熱狂させた奇跡の対バン!

PIERROT+DIR EN GREYが横浜アリーナで世紀の対決!ピエラーと虜を熱狂させた奇跡の対バン!

「ピエラーの皆さん、こんにちは。DIR EN GREYです。よろしく」と穏やかに語りかけると、「かかってこい! ラスト!」と「激しさと、この胸の中で絡み付いた灼熱の闇」へとつなげた。観客一丸となったヘドバンも圧巻で、曲が終わるとメンバーはそれぞれ、高い位置で拍手を送り、両ファンを讃えた。

PIERROT+DIR EN GREYが横浜アリーナで世紀の対決!ピエラーと虜を熱狂させた奇跡の対バン!
 DIE EN GREYの熱いパフォーマンスの余韻に浸りながら、しばしのインターバル。このあとは、PIERROTの登場だ。2014年の再集結以来のパフォーマンスとあって、“ピエラー”達の枯渇感は相当なものだったに違いない。照明が暗転し、映像が流れるや、会場のテンションは急上昇。TAKEO(Dr)、KOHTA(B)、潤(G)、アイジ(G)……と、メンバーがひとりずつステージに現れる。最後にキリトが赤い髪に軍帽をかぶり、ノースリーブの黒いタイトな衣装にステッキを持って堂々の入場。相変わらずの独裁者風オーラを放ち、観客を威圧する。1曲目の「MASS GAME」で、観客全員が同じ振りで反応し、文字通りのマスゲームが繰り広げられた。この壮観な光景こそが“宗教”と称される理由のひとつだろう。このあとも「Adolf」「ENEMY」と、おなじみのナンバーが続いて、ピエラーを狂喜させた。

「戦う準備はできてますか? ピエラーちゃん、クルってますか? 虜ちゃん、クルってますか? クルったもん同士が何しに来たんですか! 暴れに来たんだろう!」と、最初のMCからキリトは饒舌なMCで煽ってくる。彼の客いじりのうまさは相変わらずだ。このあとも「AGITATOR」「脳内モルヒネ」「ドラキュラ」など、インディーズ時代からメジャーデビュー後のキラーチューンをタップリ披露。彼らのすごいところは、いつの時代の曲もまったく色あせていないことだ。緻密に計算されたアイジと潤のギターに、骨太なTAKEOとKOHTAのビート、そして毒のある歌詞を叩き付けてくるキリトのボーカル……。ブランク感じさせないパフォーマンスで会場全体が異様な熱気に包まれた。後半に入っても熱気は持続し、「CREATURE」から「MAD SKY-鋼鉄の救世主-」、「蜘蛛の意図」などで、広い会場にヘドバンを波打たせて、本編が終了。この日はPIERROTがアンコールに応えて、再びステージへ。キリトは「メギドとかアクロとか何ですか? 戦争とか何ですか? 最初はみんなひとつだったんです。またひとつに戻りませんか? いけるか!」と「HUMAN GATE」につなげた。これこそ、まさにこの2日間を象徴するMCだったように思う。

PIERROT+DIR EN GREYが横浜アリーナで世紀の対決!ピエラーと虜を熱狂させた奇跡の対バン!
 2日目はPIERROTが先行、DIR EN GREYが後攻で、初日とは違うセットリストで伝説の対バンを完遂。揺るがない存在感を見せつけてくれた。そして、この2日間の模様は映像作品になることが決定し、ローチケHMVで9月30日まで予約受付中とのこと。当日、この対バンを体験した人も運悪くチケットが手に入らなかった人も、改めて彼らの“対決”を楽しんでいただきたい。

▶︎ANDROGYNOS オフィシャルサイト

1 2