INTERVIEW

超特急がニュー・シングル「My Buddy」と“超特急フェス”で、前代未聞の夏を目指す!

超特急がニュー・シングル「My Buddy」と“超特急フェス”で、前代未聞の夏を目指す!

——そんな忙しい中、「My Buddy」のレコーディングをしていたんですね。これは『警視庁いきもの係』(フジテレビ系ドラマ 毎週日曜夜21時〜放送中)の主題歌でもありますが、元気が出るポップな仕上がりですね。楽曲にはどんな印象を持ちましたか?

コーイチ:エールをおくられているような、優しい曲になったと思います。

——この曲のミュージック・クリップはこれから撮影されるとのことですが、どんな雰囲気になりそうですか?

ユーキ:ポップ&クールなクリップになりますよ! ちょっと面白いのが、画面をスワイプすると、キュートからクールに変わったりして、メンバーのいろんな変化が楽しめると思います。しかも、今回はユースケとタクヤがダブルセンターなんですよ。僕ら、毎回センターが変わるんですが、ダブルセンターというところも楽しんでもらえたらと。

——メンバー内でもポップチームとクールチームに分かれそうですね。キャラ的に……。

ユーキ:ポップチームは5、6、7号車じゃないですか?

コーイチ:ユーキは頭の中がポップだからね(笑)。

ユーキ:ええ? そう?(苦笑)。

——ところで、カップリング曲もそれぞれタイプの違う曲で聴き応えがありました。2曲目の「浮つきWAVES」は完全にサマーチューンですね。にぎやかなコーラスも気になります(笑)。

ユーキ:ガヤですね。これもポップチームとクールチームに分かれて録りました。

ユースケ:ダンサーチームが2:3に分かれて録ったんですよ。歌入れの時はユーキの声が裏返っているのが聞えました(笑)。

ユーキ:それも味で(笑)。

カイ:こっちもかなりふざけましたよ。

リョウガ:特に“ザブーン ザブーン 終わらないで!!”のところは、もう普段出さないような声を出してました!

——その辺りはライブでバトルしていただくとして(笑)。でも、タオル回しが似合う曲だし、フェス映えもしそうですね。で、もう1曲「UNKNOWN…」は、かなりオトナっぽいR&Bナンバーじゃないですか。これはボーカルチームが頑張ったんじゃないかと。

コーイチ:僕自身も好きなR&Bサウンドだったし、オケがシンプルなぶん、歌で厚みやノリを出さなければいけなくて。歌入れで一度OKが出ても、自分が納得できるまで歌わせてもらいました。それこそ超特急のクールな部分が見せられたと思います。

タカシ:今まで超特急って、カッコいいけどいい意味でダサさを見せてきたと思うんですよ。でも、この曲はまっすぐにカッコいい曲なんですよね。5周年を無事に迎えて武道館を終えたあとに出すシングルで、こういう方向性を見せられたのは嬉しいです。レコーディングの時はホントに自分じゃないような感覚で歌わせていただきました。

1 2 3