REPORT

ヴァイオリニスト・Ayasa『Ayasa Theater episode 5』@2017.05.20 恵比寿CreAto

ヴァイオリニスト・Ayasa『Ayasa Theater episode 5』@2017.05.20 恵比寿CreAto

そして、中盤には彼女が参加しているロックバンド・DECAYSの代表曲である『愛と哀を遺さず…』を特別に披露してくれた。個性的なメンバーで構成されたバンドのゴシックなイメージのMVがバックで流れ、彼女がヴァイオリンに手をかけると場内からは大きな歓声が沸き上がった。美しいヴァイオリンの音色に合わせて、手を挙げたり、身体を揺らしたり、思い思いに楽しむオーディエンスたちは心から音楽を楽しんでいるように見えた。DECAYSでボーカルを担うDieと中村中の代わりに本日はAyasaのヴァイオリンが歌っているようだった。

Ayasa
さて、終盤に向けて激しいロックナンバーを畳み掛けるAyasaの快進撃は止まらない。真っ赤な画面に不気味で残酷なストーリーが映し出された『唐繰坂殺人事件』では、鋭く突き刺さるような音を“これでもか!”というくらい場内に浴びせ、オーディエンスの心を煽り立てる。本編ラストに演奏されたのは激しいロックチューン『Rosenkreutz』。まるで、どこか物語の世界に迷い込んだかのような幻想的な映像が流れる中、激しくも何だかロマンティックな展開をみせてくれた一曲。Ayasaの力強い演奏とバックバンドとのグルーヴ感が曲に深い味わいをもたらし、最後はたくさんの拍手が彼女の笑顔とヴァイオリンを包み込んだ。これぞ、極上のライブ空間。

1 2 3