REPORT

ヴァイオリニスト・Ayasa『Ayasa Theater episode 5』@2017.05.20 恵比寿CreAto

ヴァイオリニスト・Ayasa『Ayasa Theater episode 5』@2017.05.20 恵比寿CreAto

5月20日(土)恵比寿CreAtoにてロックヴァイオリニスト・Ayasaの『Ayasa Theater episode 5』と題された二部に亘る単独公演が開催された。今回は初の試みとして一部と二部のセットリストをすべて替え、曲に合わせた香りが漂うまさに目でも耳でも鼻でも全身で楽しめるライブイベント。ROCK PRESS Tokyoでは二部の最終公演をレポートしようと思う。

開演時間ちょうど、黒いワンピースを身に纏い、笑顔で愛嬌たっぷり登場したAyasa。
ライブではお馴染みの『音楽はお好き?』から幕を開ける。お立ち台でファンを煽りながら、ヴァイオリンを弾き、弾むような音色に合わせて大画面に映る文字と一緒に軽やかに回る彼女に観ているこちらまでウキウキしてしまう。オーディエンスから送られるたくさんのクラップに合わせてダイナミックにステージを舞い、曲の世界へ一緒に連れて行ってくれる。

ポップなナンバーだけでなく、ヘヴィなロックチューンを存分に魅せてくれた『代わり映えのしない日々』、ピンクと紫の妖しげなライトの中で披露された美しく伸びやかな『ヨアケ』……、初っ端からバラエティーに富んだナンバーでオーディエンスを目一杯楽しませてくれた。湖が画面に映し出された『湖のほとりで』では壮大なメロディーが場内を包み込み、花のようなアロマの香りとともに癒しの空間を演出する。しっとりと静かで優しい自然の恵みを情感豊かに弾く表現力は見応え充分。

1 2 3