REVIEW

ZIGGY New Single『CELEBRATION DAY』

ZIGGY New Single『CELEBRATION DAY』

デビュー30周年を迎えるZIGGYが2017年に活動を再始動、そして3月22日にニューシングル『CELEBRATION DAY』をリリースした。

表題曲『CELEBRATION DAY』は、ZIGGYらしい王道ロックと心を揺さぶるような歌詞が印象的な一曲。ZIGGYに欠かせないヴォーカル・森重の力強く迫力のある歌声は今までにも増して聴き手を圧巻させる。腹の底に鳴り響くようなベース音と一気に駆け抜けるような疾走感のあるメロディーは、新譜を待ち続けたファンのみならず、一瞬でZIGGYの世界に引き込まれる。

「限りある世界 形ある物に 答えを求めずに
 決して色褪せない 終わりのないメロディー奏でよう
 CELEBRATION DAY」

という歌詞には、3年間の活動休止を経ての10年ぶりの新譜のリリース、そしてデビュー30周年というすべての節目に対しての決意が込められているのではないだろうか。

また同時収録されている『赤の残像』、『静寂の音がただ青すぎて』では「赤」と「青」という対照的な魅せ方をしているのも今回のシングルの見所である。

今作を引っさげて4月に行われる全10公演の全国ツアー大いに期待を寄せるとともに、30周年を迎える彼らの活動から目が離せない。

▶︎ 森重樹一オフィシャルサイト

ZIGGY『CELEBRATION DAY』

1. CELEBRATION DAY
2. 赤の残像
3. 静寂の音がただ青過ぎて
2017年3月22日発売 / 1296円 / SPACE SHOWER MUSIC / PECF-3177

フォーマット: Single, Maxi
レーベル: SPACE SHOWER MUSIC
収録時間: 12 分
ASIN: B01N2VOM02
JAN: 4544163467875